デニムを中心としたカジュアルウェア・ブランドUES(ウエス)

ウエスは日本製にこだわり、プロダクトを通じて日本の「良いモノ」「良い技術」を情報発信します。

INDIGO CAP FADING REPORT

インディゴキャップ経年変化レポート

2017.05.17

着用開始してから1回目の洗濯をしたので、その表情をお送りします。

帽子本体のインディゴ色は、目視で確認できるレベルで色落ちが進みました。ステッチが走っているはぎ合わせ部分やツバの端部分は、着用・洗濯により擦れやすい部分なので、1回の洗濯でも明らかに色落ちが進んだことが確認できます。

貼り付けられているワッペンはデニムをベースにしているので、経年変化による色落ちが期待されるディテールですが、現時点では目立った色落ちは確認できません。この状況からのデニム生地より、インディゴダック生地の方が色落ちスピードが速い事が予測されます。

(インディゴキャップは受注生産品のため、ご予約いただいているお客様への納品は7月中旬頃の予定です。)

→ 前回(2017.5.11)の記事へ
長期レポート トップページへ

PAGE TOP