デニムを中心としたカジュアルウェア・ブランドUES(ウエス)

ウエスは日本製にこだわり、プロダクトを通じて日本の「良いモノ」「良い技術」を情報発信します。

ニュース&イベント情報

企画日誌

  • UESが使用している革

    デニム同様に経年変化が魅力的な革。
    動物の皮は、そのままでは腐敗や、乾燥による硬化が避けられない。この欠点を解消するのが、鞣(なめ)しという工程。
    主に、古くから行われていた植物のタンニン(渋)を使う方法と、科学薬品を使う方法がある。また、この2つを混ぜたコンビネーションなめしという方法もあり、それぞれに特徴がある。
     
    経年変化の美しさなら植物性のタンニンなめしが一番。UESでは、ベルトや、ジーンズの革ラベルなど、タンニンなめしの革を多用している。この革の特徴である、経年変化による美しい風合いを多くの人に感じていただきたい。

    企画担当
    松本・島田
     

PAGE TOP